物品への執着。次世代への憂慮が、屑物屋敷を調べる

私の実例、先行きへの問題が、クズ建物を作ってしまって要る。
運命、大切かもしれない、取り扱うかもしれない。そういう不安で、捨てられない。
けれども現時点、実際、食事ボックスを整理したら、歯ブラシがでてきた。
お風呂用の歯ブラシにした。よかったよかった。
こんな風に、お得になることもあるから、なんでも見ないで投げ捨てるのは不快。
ぜんぶ、有効活用したい。
食事だって、食べられるものを見限るのは不快。
かりにそれが、パッケージがベタベタしていたって、作りは食べられるものだから、捨てられない。
いよいよパッケージも開いてしまって、何がどこにあるのかわからなくても、捨てられない。
それが、先行きへの問題。
ですから、問題を省くために、カタチと向き合わないといけない。それが断捨離やルンルン始末。
何やら厳しいけれど、私の実例、台所からスタートしたら、うまくいった。
なぜか食事BOXから、ラインスタンプのカードまで出てきた。自分が腹立つ。
敢然と管理してない自分に。ベルタ酵素 販売店

リレーショナル型データベースの概要のこと

リレーショナルデータベースなどについて勉強しました。リレーショナルデータベースは複数の表(テーブル)で構成されます。一つひとつの表につけた名前を表名(テーブル名)といいます。表は次のように構成されています。�@表は行(組またはダブルともいう)から構成される。�A行は項目から構成され一行が1件分のデータを表現する。�B同じ性質をもつ項目の集まりを列(フィールドともいう)といい、列につけた名前を列名(フィールド名)といいます。表では、行を検索するためにその手がかりとなる項目をキーとして定義しておく必要があります。複数の項目を組み合わせてキーとする場合もあり、これを複合キーとよびます。この表では、「商品コード」を特定すれば一つの行が特定できます。また、同じ商品名をもつ行がないことから「商品名」もキーにできます。このうち、行を特定するために最も適当なものを選んで主キーとします。聞いたことない言葉があったので、もっと詳しく知りたくなりました。即日キャッシング