ハッカ油の香りは、私には合わなかったようです

掃除や虫よけに、ハッカ油の香りが効果的とよく紹介されています。
そこでドラッグストアに行ってハッカ油を探してみました。
テスターで香りを試せたのでかいでみたのですが…うーん、あまり好きな匂いではありませんでした。
値段は700円弱ほどだったので、アロマオイルよりはかなりお手頃価格です。
でも、好きでもない匂いを我慢して使いたくなかったので購入は見送りました。
私は普段、エッセンシャルオイルをいくつか使っています。
トイレの消臭にはひのき、アロマポットに使ったり風呂掃除の際はユーカリの香りを楽しんでいます。
これらのエッセンシャルオイルはお値段も高いですが、やっぱり癒される香りなので納得の価格。
それなりに長持ちするので1年に1回の購入で十分足りますし、無理してそれをハッカ油に切り替える必要もないかなあと思っています。
これはもう好みの問題でしょうね。
ハッカ油の香りが大丈夫な人なら、コスパ的にはそちらのほうが断然お得です。ミュゼ 100円 申し込み

物品への執着。次世代への憂慮が、屑物屋敷を調べる

私の実例、先行きへの問題が、クズ建物を作ってしまって要る。
運命、大切かもしれない、取り扱うかもしれない。そういう不安で、捨てられない。
けれども現時点、実際、食事ボックスを整理したら、歯ブラシがでてきた。
お風呂用の歯ブラシにした。よかったよかった。
こんな風に、お得になることもあるから、なんでも見ないで投げ捨てるのは不快。
ぜんぶ、有効活用したい。
食事だって、食べられるものを見限るのは不快。
かりにそれが、パッケージがベタベタしていたって、作りは食べられるものだから、捨てられない。
いよいよパッケージも開いてしまって、何がどこにあるのかわからなくても、捨てられない。
それが、先行きへの問題。
ですから、問題を省くために、カタチと向き合わないといけない。それが断捨離やルンルン始末。
何やら厳しいけれど、私の実例、台所からスタートしたら、うまくいった。
なぜか食事BOXから、ラインスタンプのカードまで出てきた。自分が腹立つ。
敢然と管理してない自分に。ベルタ酵素 販売店

リレーショナル型データベースの概要のこと

リレーショナルデータベースなどについて勉強しました。リレーショナルデータベースは複数の表(テーブル)で構成されます。一つひとつの表につけた名前を表名(テーブル名)といいます。表は次のように構成されています。�@表は行(組またはダブルともいう)から構成される。�A行は項目から構成され一行が1件分のデータを表現する。�B同じ性質をもつ項目の集まりを列(フィールドともいう)といい、列につけた名前を列名(フィールド名)といいます。表では、行を検索するためにその手がかりとなる項目をキーとして定義しておく必要があります。複数の項目を組み合わせてキーとする場合もあり、これを複合キーとよびます。この表では、「商品コード」を特定すれば一つの行が特定できます。また、同じ商品名をもつ行がないことから「商品名」もキーにできます。このうち、行を特定するために最も適当なものを選んで主キーとします。聞いたことない言葉があったので、もっと詳しく知りたくなりました。即日キャッシング